今すぐ5万円借りたい!振込でも契約機でも即日借りれる

今すぐ5万円を借りるには

お金
消費者金融(モビット・アコム・アイフル・プロミスなど)からキャッシングで即日融資を受けられます。
即日融資のための申し込みは、インターネットと店頭無人契約機の2通りがあり、即日振込を希望であれば、インターネット申し込みは
14時までにキャッシング会社での確認が完了している必要があります。
インターネットで申し込み、店頭で無人契約機からカード発行を受けてATMで即日融資を受けるという事も可能です。
自動契約機であれば、平日21時まで受付・審査・即日融資が可能です。
50万円以上の借り入れに比べ、収入証明書など必要書類が無く、免許証などの身分証明書で済む為、速やかに手続きが進められます。

インターネット・スマートフォンアプリからの申し込み

平日14時までに申し込み手続きの完了が必要。
金融機関側での必要書類の確認が14時までに完了すれば指定した口座に振り込まれます。
申し込み手続きは下記の流れです。
一連の手続きは、合計1時間も掛かりません。

  1. 申し込みフォームに入力
  2. キャッシング会社による審査
  3. 結果の連絡の受付(電話による口頭 or メール)
  4. 契約手続き・本人確認書類のデータを送信
  5. 契約完了

次の各銀行の口座所有者は、審査を通過すれば対応する消費者金融から24時間融資を受けられます。
但し、それぞれ対応する口座を持っておらず、新たに開設する場合は1週間は掛かります。

三井住友銀行プロミス
モビット
三菱東京UFJ銀行
モビット
三菱東京UFJ銀行カードローン
ジャパンネット銀行
プロミス
ジャパンネット銀行
オリックス銀行カードローン
楽天銀行アコム
楽天銀行スーパーローン
じぶん銀行じぶん銀行カードローン

店頭自動契約機申し込み

平日21時まで受付など受付時間が長く、審査は30分~1時間です。
契約機のディスプレイ部分に表示される指示や契約機据え付けの電話でオペレーターから指示を受けながら、契約機から発行される書類に記載し、契約機による必要書類の読み取りを進めていきます。
不明な点もオペレーターと確認しながら進められ、初めての利用者でも、スムーズに手続きが可能です。
審査に通ると契約機からカード発行。
即日ATMなどで使用可能です。

5万円即日融資に必要な書類

本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)だけで借りることができます。
申込み方法によって提出方法が多少違いますが、コピーなどの手間は必要ありません。
また、即日融資のために郵送の必要もなく、ネットなどで対応できるようになっています。
インターネットからの申し込みの場合はメールで確認書類の画像を送信、もしくは申し込みフォームに添付することで書類提出が可能です。
スマホからの申し込みでは、インターネットと同様、確認書類を読み取り送信をします。
アプリがあるカードローンもあり、アプリでも確認書類を提出することができます。
店頭無人契約機で書類を確認してもらうには、付属のスキャナーで読み込みをすることで行えます。
どの場合も原本やコピーの提出ではなく、画像を送る方法で即日融資を可能にしているので、画像が不鮮明であったり、一部読み取れない部分があると時間がかかってしまうので注意が必要です。

5万円借りた場合の毎月の最低限返済額

消費者金融と銀行カードローンで、5万円を借りて最長期間の返済を行った場合の月々返済額と回数は異なります。
月々の返済額が短ければ短い程、初回無利息サービスを行っているキャッシング会社からの借入が有利となります。
その中でも、レイクは5万円までは無利息期間が180日と、最長です。

 毎月の返済額完済までの回数備考
レイク3,000円18回払い「5万円まで180日間無利息」を利用の場合
プロミス2,000円32回払い「30日間無利息」を利用の場合
アイフル4,000円14回払い(毎月払い)
モビット4,000円14回払い
バンクイック2,000円30回払い

インターネット申し込みと店頭自動契約機申し込みの比較

パソコン
インターネット申し込み最大のメリットは、手軽さと迅速さです。
申し込みフォームに氏名・性別・年齢・生年月日・住所・勤務先等を入力することで場所を問わず申し込みができ、審査も借入額5万円であれば、収入証明書の提出が必要なく、より迅速に手続きは進みます。
デメリットは、契約完了が14時までに終えていないと、即日の振込ができない場合もあります。
一方、インターネット申込の即日融資タイムリミットが14時までに契約完了であるのに対し、店頭自動契約機申し込みは、21時までに申し込み開始、申し込み手続きを開始したら契約完了が21時を過ぎても即日融資は可能と余裕があります。
手続き中に不明部分があった場合でもリアルタイムでオペレーターと確認しながら進められます。
ただし、消費者金融の店舗への入店が必要となりますので、知人等に見られることを気にするなどといった心理的負担もあるかもしれません。
インターネットと店頭無人契約機、どちらの方法も現金として5万円を手元に置く必要があるならば、最低1回の外出は必要です。
自分の口座に着金が目的の場合は、インターネット申し込みであれば外出すら不要です。