【お金借りたい主婦】内緒で借りられて便利!選び方と注意点

主婦でもお金を借りられる?

主婦
 お金を借りることができるのは正社員のイメージが強いかもしれませんが、主婦でもお金を借りることができます。
本人名義で借入れできるため、家族に秘密で借入れをすることも可能です。
 お金を借りる際は、働いていない専業主婦とパートやアルバイトなどで働いている兼業主婦のどちらなのかによって、借入れできる金融機関が異なります。
自分の場合はどんな金融機関で借入れができるのかを申込み前に知っておくことが大切です。

兼業主婦が借りる場合

 借入れをするためには、安定した収入があることが条件となります。
そのため、パートやアルバイトであったとしても、安定した収入があれば基本的にどこでも借入れが可能です。
安定した収入の額については具体的に決められていないですが、月収8万円程度が目安となり、勤務年数が長ければより審査に通りやすくなります。
 収入以外の条件や審査においても通常の借入れと同じ内容となりますが、パートやアルバイトでも借入れできると明記している金融機関であれば、心理的にも申込みしやすいのでおすすめです。
 また、本人名義での借入れとなるため、配偶者の同意書は必要ありません。
夫に内緒で借入れをしたい場合でも安心して申込みをすることができます。

専業主婦が借りる場合

 専業主婦は、銀行のカードローンでのみ借入れができます。
総量規制によって無収入の人は借入れができないと決められているため、総量規制が適用される消費者金融では借入れができないのです。
一方で銀行は別の法律が適用されるので、総量規制対象外となり無収入の専業主婦でも銀行カードローンが利用できるということになります。
 借入れをする際は、専業主婦でも本人名義で借入れをすることができます。
そのため、兼業主婦同様、夫に内緒で借入れをすることも可能です。

銀行カードローンに申請するには

 申請に必要な書類は、基本的に本人確認書類のみとなります。
そのため、運転免許証などが手元にあれば、すぐに申込みをして借入れすることも可能です。
あわせて配偶者の同意書が必要な場合もありますが、最近は同意書不要で借入れできる会社も増えています。
同意書の提出をしなくても、専業主婦であること自体が夫に安定収入があることの証明であると見なされるのです。
同意書が必要かどうかはHPなどでチェックすることができるので、夫に内緒で借入れをしたい人は配偶者の同意書なしで借入れできるところを選ぶのがポイントです。

限度額はいくらまで?

 限度額は借入先によって異なりますが、10万円から30万円が一般的で、最大でも50万円となっています。
限度額が低いと感じる人もいるかもしれませんが、働いていない専業主婦でも返済できるように、家計をやりくりして返済していける金額で設定されているのです。
 また、専業主婦が借入れした場合の限度額については、予め決められている金融機関も多いです。
事前にHPなどで確認するのがおすすめです。

高額融資希望するなら

 上記したように、専業主婦本人が借入れをする場合は一般的に限度額が低く、高額融資は難しいです。
高額融資を希望する場合は、消費者金融の配偶者貸付制度というものを利用するのも一つの手です。
この制度を利用すれば、専業主婦でも消費者金融での申込みができるだけでなく、より高額な融資を受けることも可能になります。
 ただし、配偶者の年収で審査されることになり、配偶者の同意書や戸籍謄本などの婚姻関係を示す書類、金額によっては収入証明書類も必要になります。
そのため、夫に記入や書類を用意してもらう必要があり、内緒で借入れをしたい人には向いていません。
 また、配偶者貸付制度を利用できない消費者金融も多いため、利用したい人は事前に確認するなど注意が必要です。

悪徳な業者に気を付ける

闇金
 借入先を探す際にネットを使う人も多いですが、検索をすると専業主婦なら審査が甘い、金利が安い、などの魅力的な言葉が出てくることも多々あります。
信頼できる会社での借入れの場合は、専業主婦でも審査や金利は通常の借入れと同じ内容です。
甘い宣伝文句を並べているところは悪徳金融業者であると考えられ、特に専業主婦を狙っているものも多いので注意が必要です。
 普段から利用している大手銀行など有名企業は安心して利用できますが、聞いたことがない企業名の場合はネット検索をして詳細を調べたり、評判を確認するなどして安心して借りられるところかどうかを見極めることが大切です。