低金利でお金を借りたいなら

お金を借りる場合、基本的には金融機関が提供するローンを利用するわけですがローンには大きく分けて「目的別ローン」と「多目的ローン」の2つがあります。

より低金利で借りることができるのは目的別ローンです。
目的別ローンとは「特定の目的にしか融資された資金を利用できない」というローンのことです。

有名なものとして自宅の購入費の為に使う住宅ローンや教育目的のための教育ローン、車の購入費として使うマイカーローンなどがあります。

目的別ローンと言っても会社によって契約内容が異なるので一概にに言えませんが、ほとんどの場合後述の多目的ローンより低金利で提供されています。

一方で最近人気が出ているのが資金の使いみちが原則自由な多目的ローンです。

代表的なものはクレジットカードのサービスとしても提供されている「キャッシング」や銀行や消費者金融が提供する「カードローン」、一回で大金を借りることができる「フリーローン」などです。

これらは資金の使いみちが原則自由なので、遊興費から生活費、目的別ローンで借りられなかった場合の代用など様々な使い方ができます。
こちらも会社によって契約内容が異なるので一概には言えませんが、自由度が高い分前述の目的別ローンより高めに設定されることが多いです。

目的別ローンが低金利なのはなぜ?

低金利
目的別ローンが低金利の理由の一つは融資額自体が高額になりやすいためです。

例えば住宅ローンを使うとなれば安くても300万円から500万円、高ければ1億円単位での貸付となります。
また貸付額が高額になればそれに応じて返済期間も長期化します。

そうなれば低金利でも利息が多くなる、つまり金融機関の利益が上がるので低金利でも成立すると言えます。
また貸付額が高額となると返済不能にならないために収入や勤務先などで相応に厳しい審査が必要となります。

同時に利用者側も熟考の上しっかりとした返済計画を立てるので貸し倒れのリスクをある程度減らすことも可能なため低金利にしやすいというわけです。

多目的に使えるローンの金利が高く設定される理由には、その自由さも挙げられます。
使用目的が自由であり、限度額まで何度も繰り返し借りられるためです。

一方で特定の目的に使うとわかっているローンでは、何度も借入はできず、1度借りたら返済するのみです。
またその使用目的もわかっており、貸し手が支払をする・請求書や領収書の提出が必要などが条件になっており、貸す側は多目的ローンよりも借り手に対する信頼性が大きくなります。

そのため、目的別ローンの方が金利を低くできます。

カードローンやキャッシングで金利を抑えるには?
目的別ローンは低金利ということで人気があるのですが、利便性の良さで言えばカードローンやキャッシングのような多目的ローンの方が優れており、最近ではこちらの方が人気あります。
こういったカードローンなどを提供する金融機関としては「銀行」と「消費者金融」の二業種がメインとなります。

銀行カードローンと消費者金融の金利比較

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンでは金利に差があります。
具体的に各金融機関ごとの金利をみてみましょう。

金融機関名カードローンの金利最高限度額
三菱東京UFJ銀行1.8%〜14.6%500万円
三井住友銀行4.5%〜14.5%800万円
みずほ銀行
エグゼクティブプラン
3.0%~7.0%1000万円
みずほ銀行
コンフォートプラン
3.5%~14.0%1000万円
プロミス4.5%〜17.8%500万円
アコム3.0%〜18.0%800万円
モビット3.0%~18.0%800万円
アイフル4.5%〜18.0%500万円

銀行カードローンは低金利

銀行の中には消費者金融並の金利を提示する会社もありますが、銀行カードローンの金利は消費者金融よりも低金利ということが多いです。
ただその分消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあると言われていますし、例えば無利息期間のように消費者金融には消費者金融のメリットがあるので、一概に銀行カードローンは低金利だから良いという事は言えません。

限度額を増やす

キャッシングやカードローンは限度額が高くなるほど設定されている金利が低くなる方式を取るのが一般的なので、高い限度額の契約を結ぶほか限度額の増額を行うことで金利が減らせる場合があります。
ただし限度額や金利は審査結果によって決まるので初回借り入れから高額の借り入れは難しいという場合もあります。
そういった場合でも借り入れを繰り返し、しっかりと返済を行う事で金融機関から信用され限度額の増額ができる場合があります。
限度額の増額方法は金融機関によって異なりますが、銀行と消費者金融どちらでも受け付けています。
また、消費者金融では、借入状況(借入金額・返済状況など)によっては、金利交渉ができることがあります。
限度額によって金利がきまることがほとんどですが、消費者金融では限度額による金利も幅があり、その範囲内で金利を下げてもらえる可能性があります。
銀行では金利は限度額で定められている年率以外にはならず、交渉はできません。

無利息期間をうまく使おう

これはその名前の通り「所定の条件を満たせば一定期間の間は無利息」というものです。
多くの消費者金融が用いている条件としては「初回利用者は30日間無利息」です。
ですから30日以内に完済するのであれば利息を支払う必要がありません。
もちろん31日以降に返済した場合でも無利息期間分の利息を支払う必要はありません。

完済まで半年を越えるような長期間の返済の場合は無利息期間終了後の適用金利を確認する必要があります。
無利息期間を大幅に超えて高額の残高が残る返済計画の場合は、無利息期間なしでも低金利のカードローンを選ぶほうが総支払利息が少なくなります。
無利息期間を利用する場合は、無利息期間内の短期返済で金利0を目指すか、無利息期間を超えて残る残高を少額にするようにします。
初回返済から利息がついてもより低金利のカードローンか、無利息期間の設定のあるカードローンか、どちらが得になるかは
借入額や返済計画によって異なるので自分にとって得になる契約を選ぶようにしましょう。

公的貸付制度を利用

窓口
お金を借りる理由が「特定の事情があって生活に苦しいから」という場合、公的な貸付制度を利用できる場合があります。
各地の社会福祉協議会が窓口になり低所得者や障害者、高齢者など日常生活に困難に対して連帯保証人がいれば利息なし、居ない場合でも1%台という低金利でお金を借りられる支援資金貸付制度
のほか、特定の基準以下の収入の家庭で盗難被害や急病など緊急自体に基本無利子で借りられる緊急小口資金など都道府県によって制度は異なりますが低所得者向けの貸付を役場や社会福祉協議会で行っています。
障害があり収入が少ない方や高齢者で融資を受けられないがお金に困った、という場合などは一度最寄りの役場などで相談することをおすすめします。