バレずにお金を借りる2つのポイント

郵送物が送られてこないところ

郵便物
申込みをして契約が完了すると、自宅にローンカードや明細が送られて来る金融機関が多いです。
しかし、そのような郵便物を家族が受け取ったり内容を見られてしまうと、お金を借りたことがバレてしまう可能性があります。
バレずにお金を借りるためには、無人契約機がある金融機関、もしくはカードの発行をせずに利用できるところを選ぶことがポイントとなります。

なぜ無人契約機がポイントになるかというと、その場で機械から直接カードを受け取ることができるからです。
また、契約書もその場で受け取ることができるため、カード以外の郵送物への心配も減らすことができます。

もう一つの選択肢である、カードの発行自体をせずに利用できる金融機関は意外と少ないです。指定された銀行の口座を持っていることや、ネットバンキングを利用しているなどの条件を満たせなければ利用できないため、注意が必要です。

もし郵送物が送られる金融機関を選択した場合でも、差出人名はわかりづらい名前で送られてくるため、開封されなければバレる可能性は低いです。そのため、郵送物を過剰に心配する必要はありません。

ただし、銀行の場合はカードローンという記載はないものの、銀行名は記載されるので少し注意が必要です。

お金を借りるために銀行の口座開設が必要なケースでは、銀行からキャッシュカードなどが送られるため、どうしても郵送物が避けられない場合があります。
このような場合は、家族などには口座を作ったのでキャッシュカードが送られて来るなどと事前に説明をしておくと良いかもしれません。

また、郵送物の中にはキャンペーンのお知らせなどもあります。重要書類でないものは郵送しないでほしいと事前に断ることも可能です。契約後に連絡をしておき、不要な郵送物がないようにしておくことがポイントです。

在籍確認

在籍確認は審査に通るために必ずしなければならない項目ですが、モビットのweb完結を利用した場合は、電話での在籍確認不要で借入れをすることができます。ただし、指定銀行口座や健康保険証を持っていることが条件となるため、注意が必要です。

また、在籍確認の方法は職場や自宅への電話が一般的ですが、申込み時に秘密で借入れをしたいなどの相談をすることによって、モビット以外の消費者金融でも、保険証や給与明細などの書類提出で在籍確認を済ませられることがあります。

書類での在籍確認への変更だけでなく、通常の連絡先を携帯電話にしてもらえるなどの柔軟な対応をしてもらえる金融機関もあるため、まず相談してみることが大切です。

ここまで、電話での在籍確認を避ける方法を説明しましたが、電話での在籍確認によって借入れがバレるケースは意外に少ないので、心配しすぎる必要はありません。

なぜなら、電話は「渡辺と申しますが、山田さんはいますか?」というように個人名でかかってくるため、借入れ経験がある人以外は在籍確認の電話であると気づかないからです。

在籍確認と言っても借入れについて第三者に口外することは絶対にないので、安心して借入れすることができます。

ただし、銀行の場合は銀行名でかかってくるため、口座を作ったと説明しておくのがおすすめです。
また、普段社員個人名宛の電話がかかってくることがない職場の場合は、事前に自分宛に電話がくる旨を伝えておいた方がいいかもしれません。

電話自体を怪しまれてきちんと在籍確認ができなかった場合は、審査に通らないからです。

電話での在籍確認の場合は、本人が外出中などで直接電話に出られないケースもあります。

その場合は「席を外しています」などの返答で在籍していることが確認できれば大丈夫です。
特に折り返して電話する必要はありません。また、即日融資の利用をする際は、勤め先が休日で在籍確認ができないということもあります。その場合は、一旦少額の融資をしてもらえても後日また在籍確認の電話があるため、注意が必要です。

これだけは注意!

滞納しない!

滞納をしてしまうと、郵送物を希望していなくても書類が郵送されてしまいます。
借入れを秘密にするためには、きちんと返済することが大切です。

もしも滞納してしまいそうな場合は、返済日前に滞納してしまう旨を連絡しておくと柔軟な対応をしてもらえる可能性もあるので、事前に相談してみるのがおすすめです。

証拠を残さない!

せっかく郵送物が不要な方法をとるなどの工夫をしても、財布を見られることで借入れがバレてしまうケースもあります。
対策として、普段は財布にローンカードやATMなどでの借入れや返済時の明細を入れておかないことをおすすめします。

財布だけでなく、PCの履歴や通帳に記載された返済の記録にも注意が必要です。
特にPCを家族共有で使っている場合は、使用したら必ず履歴の消去をするなどの対策が必要です。

バレたくないことを伝える

電話
申込みをしたあと、すぐに電話で家族や会社などの周囲にバレたくないことを伝えると、ある程度配慮してくれることがあります。

また、どのような方法をとればバレにくいかなどのアドバイスをしてもらえる場合もあるため、ひとまず相談してみることがおすすめです。バレにくい方法をとることができれば、より安心して借入れをすることができます。